高知県住宅供給公社

県営住宅

こちらでは、県営住宅にお住まいの方や
これから入居をご希望の方が、
必要となる手続きや注意すべきことなどをまとめています。

県営住宅の紹介

県営住宅は、公営住宅法に基づき、国と県とが協力し、県民生活の安定と社会福祉の増進に寄与することを目的として住宅に困っておられる方々のために建設した「県民共有の大切な財産」です。
このため、県営住宅を利用するにあたっては、一般の賃貸住宅とは違っていろいろな制限や義務を伴います。

県営住宅 一覧

県営住宅への入居をご希望の方

県営住宅の申込資格

県営住宅の申込資格について

  • 住宅に困窮していること
  • 現在、市町村営住宅に入居していないこと
  • 申込者及び同居予定者名義の持ち家がないこと
  • 暴力団員でないこと
  • 申込者が未成年でないこと
  • 収入基準が適合していること
    • 158,000以下であること(一般世帯)
    • 214,000以下であること(裁量世帯)
  • 過去に県営住宅に入居し家賃を滞納していないこと

県営住宅の入居手続き

県営住宅の空家待ち入居者募集は、これから発生する空家を見込んで募集を行うものです。

抽選により空家待ちの順位を決定し、希望した団地に空家が発生した際に入居順位にしたがって入居していくもので、毎年行なっています。なお、空家が発生しない場合は、入居できないことがありますので、あらかじめご了承ください。

募集状況

住宅の種類

(1)単身・世帯向け住宅
間取りは1LDK、2DK、2LDK、3DKで住戸専有面積55m2以下の住戸です。4人までの居住に適しています。
(2)単身向け住宅
間取りは1DKであるため単身者しか居住を認めない住宅です。入居後に同居が認められないため、将来結婚等で同居者が増える場合があるときは、単身・世帯向け住宅への申し込みをお勧めします。
(3)世帯向け住宅
間取りは2LDK、3DK、3LDK、4DKで住戸専有面積55㎡を超える住宅です。3~6人位の居住に適しています。
(4)多子・多家族向け住宅
間取りは3DK、4DKで家族の多い方向けの住宅です。
なお、入居後に世帯員が減る等により入居資格を欠くこととなった場合は、住み替え等で住宅を明け渡ししていただくこととなります。
(5)シルバーハウジング住宅
高知市のシルバーハウジング事業として高齢者が自立して、安全かつ快適な生活を営むことができるよう生活援助員を配置した住宅です。生活援助員は生活指導、生活相談及び関係機関との連絡等を行ってくれます。なお、入居後に下記アの入居資格を欠くこととなった場合は、住み替え等で住宅を明け渡ししていただくこととなります。
(6)高齢者向け住宅
間取りは2DKであるため3人までの居住に適した住宅です。
(7)単身向け身体障害者住宅(車イス)
車イスで生活できるようバリアフリーやスロープ等の設備がある住宅で間取りが1DKであるため単身者しか居住を認めない住宅です。将来的に同居者が必要となることが考えられる場合は、単身・世帯向け身体障害者住宅(車イス)への申し込みをお勧めします。
(8)単身・世帯向け身体障害者住宅(車イス)
間取りは2DKであるため3人までの居住に適した住宅です。
なお、入居後に世帯員が減る等により下記アの入居資格を欠くこととなった場合は、住み替え等で住宅を明け渡ししていただくこととなります。
(9)世帯向け身体障害者住宅(車イス)
間取りは3DKであるため3人以上の居住に適した住宅です。
なお、入居後に下記アの入居資格を欠くこととなった場合は、住み替え等で住宅を明け渡ししていただくこととなります。
(10)世帯向け身体障害者住宅(視聴覚)
間取りは3DKであるため3人以上の居住に適した住宅です。
なお、入居後に下記アの入居資格を欠くこととなった場合は、住み替え等で住宅を明け渡ししていただくこととなります。

応募状況

抽選結果

抽選結果については、当選者には封書、落選者にはハガキにて申込み者全員に通知します。

※電話による抽選結果のお問い合わせには、トラブル防止のため一切お答えすることができませんのでご了承ください。

抽選方法

公社職員が抽選器で抽選を行い、待機当選者を決定します。
今年度の抽選会は新型コロナウイルス感染防止の観点から、申込者の参加なし(来場なし)で実施します。

ページ上部へ